荒れ放題で無縁仏化するなる前にお墓の整理

墓

近年、寺院の墓地や公的施設の霊園へ行ってみると単に雑草が伸びている程度のお墓の他にお墓自体が埃をかぶって無残な汚れ放題のお墓をよく見かけるようになりました。このような状態のお墓でも雑草が伸びた程度であればまだましな方です。短時間で墓参りできる地域に住んでいないため先祖を敬う気持ちが残っていても頻繁に墓地の掃除ができないと見られるからです。墓地の状態を見れば数年に1回でもお墓参りし、掃除している状態であるか、それなりに分かるものです。ところが、荒れ放題になっている墓地の殆どは少子化や親族間の付き合いの薄れのためお墓の世話をする人がいなくなり、無縁仏化しているのが実態のようです。少子化等、人口構造の変化が今後も続くと見られているだけに無縁仏の増加が危惧され、墓じまいを本気で検討する高齢者が増えています。

自分が最後の代になるならやむを得ない措置

墓

そこで、無縁仏にしたくなければ先祖の遺骨を掘り出して永代供養の共同墓地へ移し、お墓を撤去して墓じまいする手段が急浮上してきたわけです。もちろん、遺骨は遺体の一部と解釈されているので、自分勝手に遺骨を掘り出して移動させることはできません。従って、自分に兄弟姉妹や子供がいなければ自分の代でお墓参りしたり、掃除する者が終わりになってしまいます。こういうケースでは高齢にならないうちに寺院墓地であれば寺院、公的施設の霊園なら管理事務所へ墓じまいを申し出て手続きした方が良いわけです。

寺院や管理事務所へ相談しておく必要事項

墓

この際、遺骨を掘り出して墓石を撤去したり、墓地を更地にするには石材店に依頼するわけですから相当な費用がかかります。しかも、墓地の現況や広さ等により作業に要する人数と日数が異なるので、事前に石材店に費用見積もりを出してもらった方が無難のようです。更に、墓じまいには行政等への届け出が不可欠になるので寺院や管理事務所に相談する方が良いようです。普段かかわっていない手続きを四苦八苦しながら高齢者が行っていますが、中年になったら元気なうちに済ませておいた方が良いことです。

広告募集中